-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-02-24 15:27 | カテゴリ:未分類
23日、腹水を抜くために外来に来たが、何度はかっても血圧が計測できない。低すぎて機械が反応しないようです…。腹水を抜くにはかなり厳しい体調のようで、急遽「入院しましょう!」ということになる。自分自身も、ものすごくだるくて、自力では歩けなかったので、すぐに納得。
血液検査をするにも、血が引けない(注射器でなかなか吸引できない)ため、3回刺した。
その後、栄養剤の点滴、アルブミンの投与をして少し体がらくになる。
腹水は2日に一度抜いているため、お腹に針を刺したままにすることにした…。

24日、栄養剤の点滴の効果か身体がとてもらくになり、うれしい。
ずっと栄養不足でフラフラだったのかもしれないな~。
スポンサーサイト
2013-02-22 16:15 | カテゴリ:未分類
下腹が痛い。医師の話によると、お腹の中に腫瘍があるが手術をするのはリスクが大きすぎるし、お腹に散らばっているものもあるので、切除したとしてもあまり意味がないとのこと。
前回退院してから、病院と家の往復しかしていない。(病院の帰りに食事による程度)
起きていてもだるいし、たくさん歩けないので病院内も車いすに乗ることが多くなった。だるくて困った。寝たきりになりそう…。

数日前から漢方薬を飲んでいる。15日分8種類で、約82000円する。1日3回飲むが、飲みづらくて20分くらいかかる…効いてくれたらよいな。
2013-02-09 15:55 | カテゴリ:未分類
2013年1月31日 抗がん剤5回目(腹腔内投与)

29日入院し、血液検査と腹水2000ccを抜く。
担当医と話をし、3.4回目の抗がん剤効果をみると腹水も増えているし、投与方法をお腹に直接してみたらどうかと提案あり。私もネットで調べていて、その方法もよいのかなと思っていたので、今回は腹腔内に行うことにした。

当日 腹水を3000cc穿刺し、そこからジェムザールを直接お腹に投与。投与後は、お腹がぐるぐるしたが特別問題ない。
2日目 朝起きたら、だるく、お腹が重苦しい。食欲もない。腹水増えている。血液検査の結果、貧血状態とアルブミンが不足しているので、輸血2パックとアルブミンを投与。
3日目 腹水穿刺。お腹が苦しくて、食べられない、水分も逆流してきそうな感じ。
8日目 相変わらずお腹が苦しい、栄養剤とアルブミン点滴。
9日目 退院。病室から駐車場まで歩いたがつかれた。

今回、腹腔内投与をしたがお腹が重苦しく、食事もあまりできない。投与後、ベットから動かなかったので、極端に体力が落ちた。寿命がちょっと短くなった感じ…。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。