-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-01-19 11:27 | カテゴリ:未分類
2度目の抗がん剤が終わったが効果はないような感じで、体力だけが落ちている。本当にこのままでよいのか不安であり、セカンドオピニオンを受けることにした。担当医も快く勧めてくれた。

2012年12月12日、主人とセカンドオピニオンに行く。
「子宮間質肉腫と診断されているが、それよりも進行が速い肉腫だと思います。この病気は完治はないので、いかに良い状態を保って延命していくかを考えたほうがよい。抗がん剤として使用できる種類も極めて少ないし効果もあまり良くない。」どれくらい生きられるのか聞いたところ「今の段階ではわからない」とのこと。
自分で歩いて行ったが、データを見た医師はちょっと驚いていた感じ。

病気のことはなんとなくわかっていたが、「完治しない、延命を…」と言われるとあらためて病気を恨む。自分は周りにも迷惑をかけ、このまま生きていて良いのだろうか? 
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://maa689.blog.fc2.com/tb.php/13-d4fe8254
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。