-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-02-09 15:55 | カテゴリ:未分類
2013年1月31日 抗がん剤5回目(腹腔内投与)

29日入院し、血液検査と腹水2000ccを抜く。
担当医と話をし、3.4回目の抗がん剤効果をみると腹水も増えているし、投与方法をお腹に直接してみたらどうかと提案あり。私もネットで調べていて、その方法もよいのかなと思っていたので、今回は腹腔内に行うことにした。

当日 腹水を3000cc穿刺し、そこからジェムザールを直接お腹に投与。投与後は、お腹がぐるぐるしたが特別問題ない。
2日目 朝起きたら、だるく、お腹が重苦しい。食欲もない。腹水増えている。血液検査の結果、貧血状態とアルブミンが不足しているので、輸血2パックとアルブミンを投与。
3日目 腹水穿刺。お腹が苦しくて、食べられない、水分も逆流してきそうな感じ。
8日目 相変わらずお腹が苦しい、栄養剤とアルブミン点滴。
9日目 退院。病室から駐車場まで歩いたがつかれた。

今回、腹腔内投与をしたがお腹が重苦しく、食事もあまりできない。投与後、ベットから動かなかったので、極端に体力が落ちた。寿命がちょっと短くなった感じ…。


スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://maa689.blog.fc2.com/tb.php/21-bba1e2eb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。