-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-01-28 13:06 | カテゴリ:未分類
2013年1月28日
腹水が増えすぎていて、とても苦しい。お腹まわり94センチ。明日、入院なのでなんとか我慢する~。

ネットをいろいろと見ていたら、「癌患者100の質問」を見つけた。子宮肉腫は患者が少ないから情報も少ないので、情報共有できるところがあるのはありがたいです。

「癌患者100の質問」http://www.geocities.jp/armisael95/100/
2013-01-23 21:27 | カテゴリ:未分類
2013年2月23日 
1/6に採取した血液を2週間で培養し、点滴で戻した。
3:30、点滴前37.4度の若干の熱があったが、点滴直後から熱が上がり8:00頃には38.6度となる。熱は、主人が風邪をひいて熱を出していたためうっつたものなのか、点滴の副作用なのかはわからないが、翌朝には平熱に戻っていた。
今回の細胞数は、1970万個を80億個(406倍)に増やしたものをもどしているので、体もびっくりするのではないか…?効果があってほしいが、24日には腹水が増えている…。

腫瘍マーカーはすべて基準範囲内の数値だが、フェリチン定量 187ng/ml、α1-酸性糖蛋白 143mg/glが高い数値となっている。
2013-01-19 13:01 | カテゴリ:未分類
2012年1月7日、抗がん剤治療4回目。
血液検査の結果、貧血状態で抗がん剤ができないとのこと。輸血を2パックし、白血球を増やす注射を打つ。
腹水を抜くが管が細く3時間で500ccしか抜けない。

8日、腹水を2000cc抜き、ちょっと楽になる。血液検査の結果、明日から抗がん剤予定になる。
9日、ジェムザール投与。前回同様、吐き気もなく食事もできる。腹水は増えている。
10日、腹水を2000cc抜く。
11.12日、外泊。
16日、ジェムザールとタキソテールを投与。今回もタキソテール投与直後に、赤面し呼吸が苦しくなる。看護士さんがついていてくれたので、投与量を絞り、血圧や酸素濃度をはかり、医師を呼んでくれた。急激に酸素濃度が低下したようで、10分程度様子を見て安定したので投与を続けた。
18日、退院。吐き気はないが胃が重苦しい感じはする。
2013-01-19 12:30 | カテゴリ:未分類
2013年1月6日、BAK療法を契約。(自由診療のため契約が必要)
自分の血液を採取し2週間培養、免疫を高めたものを自分にもどす。初回に60ccの血液を採った。
培養したものは、22日に戻す予定。
2013-01-19 12:14 | カテゴリ:未分類
2012年12月27日、大学病院での外来診察。
腹水を2000㏄抜く。便が溜まっているので、便秘には注意するように言われる。

31日、腹水がどんどん増えていて苦しい。救急で腹水1500cc抜く。救急がとても混んでいて、10:30に受付して、治療し会計を終えたのは15:30。疲れた。

2013年1月2日、またお腹が苦しい。救急で1300ccを抜く。

この後も腹水が増え続け、足もむくみ背中もパンパン。入院が7日の予定なので何とか我慢する。
年末年始に腹水の状態が悪化し残念…。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。